セミナー情報

2014.04.06

Sportscode User Conference 2014

4月5日に行われた今年のSportscode User Conferenceのテーマは "Unlock Potential"。

前世紀の最後の年にスタートしたこの事業は、14年かかってスポーツの世界に戦略的に映像を生かして行くためのアナリストという仕事を作り出しました。高校からトップリーグのアスリートまで、それぞれの現場でそれぞれの隠された力を解き放って行くための一助になっているとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

そのカンファレンスに相応しいスピーカーが自分の試行錯誤の歩みを披歴し、アナリストの役割はどこにあると思っているのか、熱く語ってくれました。

フェンシングのナショナルチームをサポートしている日本スポーツ振興センターの千葉さん、アナリストという仕事 千葉.jpgニュージーランドでスポーツテック社のカントリーマネージャーを務めるラグビーでのアナリストだったMattさん、マット.jpgサッカーの埼玉県協会科学委員会メンバーで大学で教鞭もとる石崎先生、石崎.jpgプロ野球選手を引退してから、野球というスポーツでアナリストとして可能性を探っている高森さん。頼るものでなく使うもの 高森.jpg
「個人の知」を「集団の知」へ、映像の持つ情報と力が、Sportscodeの機能を通して整理されまとめられ伝達されて行きます。
新しい分野へのチャレンジを「面白くておもちゃのように使いまくる」という表現で表わすような人達がいるからこそ、こういう仕事が確立されて行くのだなぁ、と感じました。願わくば、女性にももっとこの仕事に興味を持つ人が現れてほしいものです。

CATALOG

総合カタログ

ONLINE SHOP

トレヂエベストセレクション

PRODUCT

取扱い製品

PICK UP CATEGORY

  • カイザーmシリーズ カイザーmシリーズ
  • カイザーストレングス カイザーストレングス
  • カーディオマシン カーディオマシン

PAGE TOP