製品一覧

ADSS:スポーツ分析機器の輸入販売

スポーツ科学とコンピューターテクノロジーの進歩により、今ではノートPC1台あれば大容量の映像処理、アスリートのコンディションの評価、さまざまな形式のデータの管理といった作業を行ったり、それをあっという間に発信・受信したりすることが可能になりました。フィットネスアポロ社ではこうした時代の到来を見据え、「スポーツ現場のためのデジタル・ソリューション・システム」をキーワードに、ADSS(APOLLO DIGITAL SPORTS SOLUTIONS)を2005年に立ち上げ、実戦の場で使えるスポーツ科学のお手伝いをしてきました。

ADSSが輸入・販売している測定、分析、評価のシステムは、どれも世界のエリートチームで採用され、高い評価を受けています。それは、コーチやアナリスト、トレーニングコーチといった現場のスタッフのアイディアや要望を深く反映しているからです。だから、一瞬を争う競技の現場でチームや選手を支えることができ、鍛えあげた能力を最大限に発揮させることができるのです。私たちはさらにユーザー同士、またはユーザーと世界を繋げることで、日本のスポーツ界のレベルアップに貢献したいと考えています。

ADSSの特徴

スポーツビデオ分析ソフトウェア

hudl(ハドル)

「スポーツコード」の販売を通じてスポーツ情報分析の世界を16年にわたって支えてきたフィットネスアポロ社が、国内代理店として販売、サポートを展開します。ソフトウェアは英語表示ですが、契約の手続きや導入後のサポート(内容は契約パッケージにより異なります)はスポーツコードと同じ日本国内のスタッフが行いますので、安心してお使いになれます。hudlの登場によって、日本のスポーツ界の映像活用はさらに広く、深く進化していくことになるでしょう。hudlについての情報は、特設サイト(http://hudl.jp)まで。

パフォーマンス分析システム

スポーツテック社製品

現在、世界のトップチームには不可欠の存在となった「パフォーマンス・アナリスト」。そのアナリストたちを支えているのが、「スポーツコード」をはじめとするSportstec社の製品です。私たちも日本の代理店“Sportstec Japan”として、日本のスポーツ界におけるパフォーマンス分析とアナリストの発展をサポートしてきました。Sportstec社商品についての情報は、特設サイト(http://sportscode.jp/)まで。

スピード&アジリティトレーニング

スマートスピード

ゴールタイムを測るだけの単なる光電管とは異なり、「反応」や「判断力」を含めたスピード&アジリティのトレーニングを実現するシステム、それがスマートスピードです。カッティング、グリッド、サーペンタイン(蛇行)など、豊富に用意されたプロトコルを使って、トレーニングのバリエーションを無限に広げることができます。各国を代表する数多くのスポーツチームや、ナショナルトレーニングセンターが揃って採用しています。

GPSトラッキングシステム

VXスポーツ

試合や練習中の選手の軌跡(トラッキング)データを収集するには、過去には費用や手間のかかる方法ばかりでした。ニュージーランド製のGPSトラッキングシステム「VXスポーツ」は、同種のGPS商品よりもシンプルな操作性とコストパフォーマンスに優れ、トラッキングデータのトレーニングやコンディショニングへの活用を実現します。2015年、記録頻度が10Hzになった新モデル「VX235」「VX95」が登場しました。

PAGE TOP