製品一覧

KEISER mシリーズ

2007年の発売開始から絶大なる人気を誇るKEISER mシリーズ。その人気の最大の秘訣は渦電流方式による非接触のスムースな抵抗と静音性。m3インドアサイクル1機種でスタートしたラインナップも今や4機種まで増えました。使用するキャリアを選ばず、アスリートのトレーニングはもちろん、お家でTVを見ながらの運動まで幅広く使用されています。

KEISER社はインドアサイクルでのオピニオンリーダーです。KEISER社はいち早く渦電流式抵抗(磁気の抵抗)を搭載し、簡単に負荷値をコントロールできるKEISERm3インドアサイクルを開発しました。この渦電流式抵抗(磁気の抵抗)は運動中の負荷を定めるだけではなく、これまで回転数運動時間だけだった運動情報に、負荷値、消費カロリーなどの運動に不可欠な情報をサイクルコンピューターに表示することも可能となりました。

そして今、このサイクルコンピュータにBluetoothワイヤレス機能を搭載した『KEISERm3iインドアサイクル』が開発されました。KEISERm3iインドアサイクルのサイクルコンピュータでは各情報をPCやタブレット、スマートフォンにBluetoothワイヤレス機能により簡単に接続できます。そしてその情報はKEISER社のモニタリングソフトウエアや他社のモニタリングシステムに接続することで簡単に楽しく各利用者の運動情報をモニターに映し出す事が可能です。また、個人のモニタリングシステムや測定用アプリも順次開発され、スマートフォンやタブレットでの運動情報管理も行えます。

さらにこの『KEISERm3iインドアサイクル』では負荷値をより精度を高めることにより世界で初めてインドアサイクルの部門で名誉あるEN ISO20957-1証明を受け取ることができました。

2015年より装い新たにブラックフレームと赤いホイールガードに変わった『KEISER mシリーズ』をあなたの施設やお宅でも設置しませんか?

世界で初めて渦電流式抵抗を搭載し、初めてパワー(Watt)を負荷値とし、そして世界で初めて『EN ISO20957-1』(注:1)を受け取りました。

(注:1)EN ISO20957-1証明を受けるためにはインドアサイクルの負荷精度がプラスまたはマイナスの10%以内で機能することが必要となります。

KEISER mシリーズの特徴

1. サイクルコンピューター

mシリーズの心臓部、サイクルコンピューターが正確なトレーニングデータをリアルタイムに表示します。従来のバイクでは難しかったパワートレーニングや、さまざまな年代、体力の人が一緒になってのグループエクササイズを可能にしました。

【表示項目】回転数(RPM),パワー(W)、消費カロリー(kcal)、心拍数(トランスミッターが必要、Polar推奨)、走行時間、走行距離、負荷(24段階)

※m3iは、Bluetooth機能搭載

2. 非接触式抵抗システム&アルミニウム製フライホイール

mシリーズの負荷調節には、「磁石」とそれが起こす「渦電流」が使われています。簡単に説明すると、アルミの円板を回転させ、磁石(磁界)をさえぎると回転にブレーキがかかるという原理を使っているのです。複数のバイクを簡単に同じ負荷に揃えることができるばかりか、永久磁石なので長期間使用しても負荷の大きさがマシンによってバラつくことはありません。銀色に輝くアルミニウム製のフライホイールは見た目に美しいだけでなく、腐食にも強く、耐久性にも優れています。

負荷装置が非接触式のため、摩耗する部品が無く、メンテナンスフリーです。またリアホイール式のため、汗が駆動部分に落ちにくい設計となっています。

3. 優れたスペース効率

m5ストライダーは、従来の一般的なエリプティカルトレーナーの約半分の面積に設置する事ができます。軽量で移動するのも簡単です。m3やm5を導入されているフィットネスクラブでは、普段はカーディオゾーンに並べ、時間が来るとスタジオに移動してグループエクササイズを行っているところもあります。それも移動の簡単なmシリーズだからです。

4. SPIVIスタジオKEISERm3i システム
(別売り)

SPIVIスタジオKEISERm3iシステムは、m3iのBluetoothコンピューターを利用した映像システムです。m3iインドアサイクルからBluetoothでとんできた回転数などの情報を受け取り、画面上に映し出します。これにより、クライアントの運動情報を可視化するだけではなく、これまでイメージだけだったライディングロードまで可視化することが可能となりました。

また、LIVEプログラムやバーチャルプログラムも用意されており、いままでインストラクターの教育や人員の問題でインドアサイクルプログラムの導入をためらっていた施設にもぴったりのシステムです。

PAGE TOP